お知らせ

★あはき・柔整広告ガイドライン講習会の開催案内(2021年)

 厚労省検討会でまとめ作業が進んでいる、あん摩マッサージ・はり・きゅう・柔道整復の、いわゆる「あはき・柔整」分野における広告の適切な在り方を示す広告ガイドラインがまもなく出来上がり、新たな広告規制が始まろうとしています。


 今回は、法律改正はないものの、問題の多い広告の現状実態を踏まえ、法に基づいた広告可能事項の広告可能な範囲を整理し直すとともに、インターネット上のウェブサイト等については、①誘引性、②特定性、③認知性の3要件を満たした場合には広告として取り扱うと定義、虚偽・誇大な内容等のホームページに掲載すべきでない事項と、療養費の対象とされない通常必要とされる施術内容、費用、リスク等のホームページに掲載できる事項の二つに分けて対応していく、という方針が打ち出されています。


 eヘルス協議会では、いち早くこうした動きをとらえ、広告チェック等の対応を迫られている各施術施設の担当者や広告関係の方を対象に、ガイドラインの内容や対応策をわかりやすく解説する「あはき・柔整広告ガイドライン講習会」を開催させていただきます。

 

※2020年からのコロナの感染拡大の影響により、厚労省の検討会が2019年11月14日を最後にまだ再開されない状況ですが、再開後はこれまでの流れで進んでいくかと思われますので、早めに準備を始動させていただきます。

 

講習会ご案内ページ

2021年06月08日

★医療広告ガイドライン講習会の開催案内(2020年)

 2018年6月より施行された改正医療法により、これまで医療広告規制の対象とされなかった医療機関のウェブサイトの扱いが大きく変わり、誘引性ある表示として広告規制の対象となってきます。その結果、虚偽広告、誇大広告、比較優良広告は厳しく禁止されるとともに、術前・術後の写真や、体験談等の掲載、ウェブサイト内のコンテンツ全般に対し細かな規制が及ぶことになりました。厚労省のネットパトロール事業も3年目に入り、監視指導体制も一層強化されているようです。まだ未対応のウェブサイトが散見されるようですが、そのまま放置すると法令違反の指導を受けるリスクも高まります。
医療機関の方、ウェブサイト制作、広告関係の方々を対象に、好評の医療広告ガイドライン講習会を継続的に開催しています。

 

セミナーご案内ページ

2019年11月20日

★eヘルス協議会の認証事業を2021年秋より開始させていただきます

 一般社団法人eヘルス協議会では、美容医療等の自由診療、あん摩マッサージ・はり・きゅう・柔道整復、エステティックサービス等を提供する事業者を対象に、医療法、あはき師法、特定商取引法、景品表示法、個人情報保護法等の関係法令やガイドラインを遵守するなど、所定の基準を満たすと認められた場合に、当協議会発行の認証マークを付与する事業(eヘルスサービス認証)を2021年秋より開始させていただきます。

 

 本事業により、一般の消費者が美容医療やエステ等の日々の健康につながる多様なサービスを安心して利用できる制度環境の構築に取り組んでまいります。

 

 認証取得申請方法、認証基準等の詳細については、内容が決まり次第、案内させていただきます。

 

 (当初、本事業を2018年秋から開始予定でしたが、現在厚労省検討会で議論が進んでいる、あん摩マッサージ・はり・きゅう・柔道整復の、いわゆる「あはき」分野での広告ガイドラインの整備を待って正式にスタートさせていただくことになりました。)

 

   認証マーク図案(仮)

 

 

2019年09月08日

★美容医療クリニック向け、特商法コンプライアンスセミナーの開催案内

 レーザー脱毛、ケミカルピーリング、ヒアルロン酸注射、脂肪溶解、歯科でのホワイトニング等の美容医療の様々な施術サービスにおいて、一定金額以上、一定期間以上継続的に役務を提供する場合は、守らなければならないルールや取り決めができ、2017年12月1日から法施行されています。

 eヘルス協議会では、他に先駆けいち早く、特定商取引法や対象となる特定継続的役務、契約書類の書き方等に関する講習会をクリニックの先生や実務担当者向けに開催させていただきます。

 知らなかったでは済まされない特商法対応について、コンプライアンスセミナーにぜひご参加ください。

 

 セミナーご案内ページ

2018年01月18日